1. リンクスランドゴルフクラブHOME > 
  2. ブログ

ブログ

14年目

2019.07.01

ダンロップゴルフスクールが開講されて14年目に突入しました。ということは、私も14年目で、長老になっています。会員番号1番の方も健在で13年間スクールに通って頂いています。感謝の気持ちでいっぱいです。今後も体力の続く限り頑張りたいと思っています。

インストラクター 江尻でした!

2019.06.17

こんにちは、集中講座「コースデビューの道のり」はしばらくお待ちください。7月からは、早朝スクールが開講されます。時間は土曜日の7時45分から9時までです。休みの日には早く練習し、残りの時間を有意義に過ごしてはどうでしょうか?皆様の受講をお待ちしています。

インストラクター 江尻でした。

パット

2019.05.21

皆さん、こんにちは。

今回はスコアの大半を占めるパットについてお話させて頂きます。

パットの調子が悪く、毎回打ち方を変えたり、ボール位置を変えたり、色々試しましたが結果は変わらず、

目の衰えかなと思っていたのですが、先日のラウンドで突然入り出しました。

5番ホールまでは2mの上りでもショートするぐらいで、入る気が全くしなかったのですが、

6番ホールでもう入れようとするのを諦めて、構えたらすぐテークバックするようにしました。

本当にいい加減に打つような感覚です。するとテークバックがスムーズになったのです。

考える時間を無くすことで、心配する気持ちとか入れたい気持ちが無くなったのだと思います。

たとえ入らなかったとしても、もつれた感じはなく、すっきりした気持ちでパットを打てるようになったのです。

ていねいにとか読みに時間をかけ過ぎるのは良い結果に繋がらないと思います。

第1感の読みと素早いプレーをぜひ皆さんやってみて下さい。

全員に当てはまるとは思いませんが試してみて下さいね。

やはり全ては心でした。

インストラクター湯口でした。

コースデビュー

2019.05.13

スクール生3名(定員4名)が、2月~4月末の3カ月で見事コースデビューはたしました。

感想は色々ありましたが、「ゴルフを辞めようか迷っていた。練習では、良いように当たらないし、ミスショットばかりでした。でも(短期集中講座・コースデビューの道のり)を受けて、先生に付いて頂き9ホールでしたがコースデビューしました。これからもゴルフを続けようと思った。」「ラウンド中、何をしたらいいのか分からず待っていることが多かったが、イメージがわいてきた」など。喜んで頂き良かったと思います。更にレベルアップして頂きゴルフというスポーツ楽しんで下さい。

7月からこの講座を開講しようと思っています。このブログを読んだ方は、一度リンクスランドへお越し下さい。

インストラクター 江尻でした。

 

 

 

 

 

ボールマークについて

2019.04.22

グリーンに行ってみると、数多くのボールマークが放置されていることがあります。ボールマークの直し方ですが、①ボールマーク近くにグリーンホークを刺し、周囲の地面を中心に引き寄せる。②凹みがなくなるまで各方向から行う。③パターのソールで上から押えて平らにならす。

2019年ルール改定でスパイクマークも直せるようになりました。直し方は、パターのソールで上から押さえればOKです。自分がつけたものはもちろん、他にも見つけて直すように心がけよう。

リンクスランド  江尻でした

 

パッティング

2019.02.15

皆さん、こんにちは。

今年からルールが変わりましたが、グリーン上どうされていますか?

PGAツアーを見ているとピンを刺したままパターをしている人は少数です。

私は今年に入って3回ラウンドしましたが、全てピンを刺したままパッティングしました。

何も問題なく特にショートパットは強く打てるので楽に感じます。

生徒さんの中にはいつも40パットしていたのにピンを刺したままにしたら30パットになったという方もいました。

ピンに当たって跳ねてしまいそうですがピンに当たって出る時はピンを抜いていても入らないそうです。

ただし、打ち上げのホール等は後続の組に打ち込まれる可能性があるので注意して下さい。

インストラクター湯口でした

ジェネラル・エリアの境界線

2019.02.13

今回は境界線についてです。

●OB(白杭)→通常、白杭で区切られた区域のコース側の地表の2点を結んだラインが境界線となる。ボールの一部でも境界線に触れていればセーフとなる。●池(黄杭)、クリーク(赤杭)→黄色や赤の杭で区切られた杭のコース側の2点を結んだラインが境界線となり、ボールの一部でも境界線に触れていればペナルティ・エリア内となる。●修理地(青杭)→青杭で区切られた杭のコース側の2点を結んだラインが境界線となり、ボールの一部でも境界線に触れていれば修理地内となる。●グリーンの境界線→グリーンとカラーの境界線は芝の長さ。芝が短く刈られている部分がグリーン面となり、ボールの一部でもグリーン面に触れていればグリーン上のボールとなる。●ホール(カップ)の境界線はグリーン表面のライン。ボールの一部が境界線より下にある場合はホールに入っているとみなされる。

以上境界線を越えているのかいないのかでルールも大きく変わるため、その判断を知っておくことが大切です。

インストラクター 江尻でした。

 

ショートゲーム

2019.01.08

新年明けましておめでとうございます。

今年、皆様にとって良き一年でありますようお祈り申し上げます。

さて、レベルアップ目指して日々練習に励んでおられると思いますが、何を練習されているでしょうか?

スコアの大部分はアプローチとパットにかかっています。60~70%ぐらいでしょうか、7Iと言えば6%ぐらい。

何を練習したら良いか明確ですね。

飛ばしたい気持ちもわかりますが、スコアに直結する、練習を多くしていきましょう、

インストラクー湯口でした。

ジェネラル・エリアの境界線

2019.01.07

コースには様々な境界線があります。今回は杭の色についてです。白杭(アウト・オブ・バウンズ)、黄杭(ウォーターハザード)、赤杭(ラテラル・ウォーターハザード)、青杭(修理地)などです。このは黄・赤・青杭は動かせる障害物で抜いてプレーできますが、白杭は固定物なので抜くことはできません。抜くと2罰打になります。是非覚えておいて下さい。

インストラクター 江尻でした

罰打について

2018.12.24

今回は罰打についてです。

●「1罰打」になるルール違反

OB、紛失球、池ポチャなど、インプレーのボールがプレーできなくなった場合に「1罰打」が加算される。意図的でないにしろ、そのままプレーを続行すると他のプレーヤーとの公平性がなくなるために罰打が課される。

●「2罰打」になるルール違反

プレーヤーがルールを遵守していれば起こらないであろう違反に関しては「2罰打」が加算される。もちろん、ルールを知らないことで起こった違反もこれに含まれる。

●「競技失格」になるルール違反

重大なルール違反に対しては「競技失格」という重いペナルティが課せられる事がある。例としては・スタート時間から5分以上経過してもティーオフしない・スコアカードを提出しなかったり、意図的な過小申告・不当な遅延やスロープレーなどが挙げられます。

以上罰打に関してでした。   インストラクター 江尻

[早朝営業]
6:00~9:00(早朝入場料無料)
[フロント]
9:00~23:00まで



PAGE TOP

HOME最新ニュース初めての方へ施設のご案内スクール・レッスンレッスン体験申込クラブ工房よくあるご質問アクセス
ブログお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ