1. リンクスランドゴルフクラブHOME > 
  2. ブログ

ブログ

2月も終わりますね(゜-゜)

2018.02.27

インストラクターのアズマです(^-^)

寒さも和らいで来ました!!

体を動かしたくなる気温ですね~!!

そろそろ私も寒く過ぎて行っていなかった夜釣りを再開したいと思っております(@^^)/~~~

上達への。。。

2018.02.18

まだまだ風が冷たくゴルフには厳しい時期が続いています。
こんなときでもゴルフを楽しんでる方は大勢いますよね? そして楽しめる方は上達が早いのも確かです。
今回はどうやってモチベーションを保てるかをお伝えしたいと思っています。

実際、すごーくおおまかにゴルフのモチベーションの保ち方を分けると、以下の6パターンに当てはまるそうです。
(細かくいくと100通りくらいになるので。。。)

①周りの人を圧倒する事でモチベーションを上げるタイプ。
  ・ライバルをネジ伏せたい!

②自分に課した目標をクリアする事でモチベーションを上げるタイプ。
  ・達成感がたまらない!

③仲間を増やすことに楽しみを感じモチベーションが上がるタイプ。
  ・知らない人と仲良くなれるゴルフって素敵!

④相手より劣位に下らないためにモチベーションを上げるタイプ。
  ・下手くそとか言われて馬鹿にされたくない!

⑤周りの方に迷惑をかけずスマートな立ち振る舞いをすることにモチベーションを感じるタイプ。
  ・一緒に回る人たちに嫌われたくない!

⑥たいして成功しなくてもいいから、まず失敗をしないという事にモチベーションを上げるタイプ。
  ・安全第一!自制心をきかせてる自分がんばってる!!

と、まぁどれかには当てはまっているそうです。
皆さんも自分自身のモチベーションがどこにあるかを確認してみると、維持や向上が見えてくるかもしれませんよ?

『モチベーションの向上=ゴルフの上達』

とは言い切れませんが、あながち無関係ではないはずです。
いまいちど見直してみるのもゴルフ上達の早道ですね!

インストラクター 福本でした。

アプローチ・パター

2018.02.14

皆さんこんにちは、全国的に寒い日が続いています。寒い中いつもレッスンに来てくださるレッスン生の皆様、本当にありがとうございます。
ところで、1.2月のゴルフはグリーンは凍っていて止まらないし、風は強い、寒くてボールは飛ばないし、スコアは悪くなるのは当然です。
条件が厳しい程、パーオン率は下がります、そんな中でスコアをある程度作るにはアプローチとパットの技術が必要になります。
ゴルフがうまくなるにはこの二つを80%ぐらい練習するに尽きます。ほとんどの方が80%ショットの練習をしている様です。
私も今年に入って3回ラウンドしましたが、26.23.28パットとパターは好調です。ボールをスタンスの真ん中にセットして少しハンドレート気味に構え、左手を真っ直ぐ後方に引いてフォローはヘッドを目標方向へ出していく、こんな意識でストロークしています。
アプローチではフェースを開きながら上げて、インパクトに向かって閉じていく、そうする事によって手の動きが小さくなり、ダフリにくくなります。
最大のポイントは力を抜いてヘッドの重みを感じてダウンで力を加えない事です。
ただ強い球が必要の時だけインパクトの際に少し力を加える感覚です。
一度試してみて下さいね。
今年も皆さんがうまくなるように一生懸命レッスンさせて頂きますので、よろしくお願い致します。
インストラクター 湯口でした。

プライベートルール

2018.02.03

プライベートなラウンドでは、その仲間同士のプライベートルールを設定して、ゲームをより楽しいものにしたいですね。
例えば遠球先打ではなく先着先打、紛失球やアウトオブバウンズで暫定球の処置をしなかった場合の、元の場所での打ち直し
の省略など。
その他にも逆オナー方式、パーの数の3倍に達した時点で、そのホールをギブアップにする取り決めなど。
ビギナーの技量不足を補い、進行の遅延を防ぐための便宜的なプライベートルールも有効でしょう。
このようなプライベートルールを作り、ゴルフを楽しんで下さい。
インストラクター 江尻でした。

今年もよろしくお願いします。

2018.01.06

2018年明けましておめでとうございます。

ダンロップゴルフスクールは会社創立40周年になります。

これからも皆様から愛され、信頼されるスクールにしていきます。

今後も宜しくお願い申し上げます。

”みんなゴルフが好き”リンクスランドに集まれ!

インストラクター  江尻でした!!!

 

ゴルフルールを覚えよう!

2017.12.07

 ゴルフルールを正しく知る方法はひとつしかありません。自分でルールブックを持ち、目を通すこと。これしかありません。人に聞いて覚えられるほどの数ではないからです。

 ゴルフルールのほとんどを覚えるのはかなり困難です。そこで①一度は通読する。どういうルールがあるかを知る。②ゴルフバックに必携1冊。疑問や不安に出会うたびに、開いて調べ、覚えていく。それでも不明な場合はキャディーマスター室に尋ねる。③整理してメモにする。たとえば、1ペナルティのものと2ペナルティのもの、1クラブレングスのものと2クラブレングスのものとを書き並べ、整理してみると覚えやすさが見つかるはずです。④ゴルフ規則は毎年買い直そう。改訂事項を知ることが出来ます。裁定集は大改訂のあるオリンピック開催年だけの買い換えで十分です。

2019年・1月には、大大改訂があるそうですよ。遅延プレーを無くす為の改訂みたいです。

ゴルフに限らずあらゆるスポーツ(ゲーム)はルールの上でするものです。

インストラクター江尻でした。

健康管理

2017.11.12

ゴルフ場に行くと、ラウンド前後の行動も含めて、およそ8キロほど歩行をします。

普段歩かない人にとっては大変な8キロです。

しかもアップ・ダウンがあり、ティの周辺は段差だらけで、急斜面も多いのです。

ふだん使わない筋肉を不用意に使い、腰痛・ねん挫など筋骨を痛めることが簡単に起こります。

以前ラウンドレッスンの時に、生徒さんが足を滑らせ骨折という事もありました。

ラウンド中は、面白いから気づかない。痛んできてから気づく事になります。

普段から足腰の鍛錬をしておきましょう。

そして、ラウンドする日を目標にする毎日、風邪をひかないように、肥満しないように、疲労を溜めない

ように、身体を鍛えておきましょう。

インストラクター 江尻でした。

ゴルフダイアリーを作ろう

2017.10.16

いったん始めるとゴルフとの付き合いは長くなります。

記録がかけがえのない思い出になります。

ゴルフ日誌を作りましょう!

項目は、年月日、コース名、スコア、同伴競技者、コンペ名と成績、そして大事な一言。

印象的なこと、疑問に思ったこと、納得したことなど。

またデータを取りたいなら、アウト・インのスコア、パット数などを書き込み、集計して

考察してみるとよいでしょう。

年間の平均スコア、平均パット数を出していくのもよいと思います。

その他、ゴルフに関係したことなども書き込みましょう。

スコアカードに書き込むのもいいでしょう。

すばらしいゴルフエッセイになるはずです。

インストラクター 江尻でした。

 

サラッと

2017.09.29

皆さんこんにちは。

ゴルフをするにはいい季節になりました。ゴルフ場もこの10月にはクラブ選手権が行われるので、グリーンキーパーもグリーンを一番いい状態に仕上げます。気の合う仲間とゴルフを楽しんで下さいね。

ところで私は毎月1回ラウンドするコースがあるのですがハンディキャップ1のロングホールがあります。

ティショットはとにかく狭い、左右の幅が35ヤードぐらい、どちらも受けていません。ここ10年ぐらいでティショットにドライバー以外のクラブで打ったのは2.3回。このホールではいつもドライバーで打つのですが、不思議な事にOBは1度もないのです。左右80ヤードぐらいの幅でOBは何度もあるのに!

こういう球を打とうと心が決まっているからだと思います。右からの風の時は右へOBしてもいいと覚悟をして打つと不思議に思い通りの球になるのです。

自分の気持ちとスコアは関係があると感じています。今までの経験上欲があるとスコアが悪くなるのは確かです。ゴルフの敵は勝ち負け、方向、飛距離。

まだまだ求めてしまいます。負けても、曲がっても、飛ばなくてもサラッとした態度でいられる自分を目指す。

それが今の自分の目標です。

インストラクター湯口でした。

飛距離アップ

2017.09.11

 最近めっきり秋めいて来ましたね。

 体調を崩さないように気を付けて下さい。

 ドライバーでの飛距離アップについてですが、皆さんは飛距離を出そうといた時に、

どのようになさっていますか。ほとんどはヘッドスピードを上げようとしていませんか?

実は、ヘッドスピードよりミート率を上げた方が遥かに効率がいいのです。

もちろん、両方が上がればいいのですが・・・!

 ヘッドスピード1に対して、約5ヤードのキャリーが出ます。

スイートスポットを外して打つと、約1割飛距離(キャリー)が落ちます。

ランについてはホールの状況によって変わりますので、ここでは

キャリーだけと思って下さいね。

よって、ヘッドスピードを上げるより、ミート率を上げた方が効果的なのです。

ショットマークなどを利用して、ミート率が上がるように練習していきましょう。

インストラクター 江尻でした。

[早朝営業]
6:00~9:00(早朝入場料無料)
[フロント]
9:00~23:00まで



PAGE TOP

HOME最新ニュース初めての方へ施設のご案内スクール・レッスンレッスン体験申込クラブ工房よくあるご質問アクセス
ブログお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ